誰でもすぐにできる簡単な便秘改善方法

現代では便秘で悩んでいる人は多く、現代病の一つといえるかもしれませんね。便秘には様々な原因があります。

 

便秘を早く治したいと努力しても、なかなか成果が現れないあなた、原因と対策がマッチしていない可能性も。まずはあなたの便秘原因を探りましょう。あなたに合った便秘対策を行えば、きっと改善されるはずです。

あなたはどのパターン?便秘原因を見極めましょう

便秘には、食生活や生活習慣の乱れが大きく影響していることが考えられます。
具体的に見てみましょう。大きく分けて6つの原因が考えられます。

食物繊維不足

食物繊維は便の量を増やし、大腸の動きを活発にして便の流れを良くする働きがあります。

 

水分不足

水分不足は便を硬くしますので、便を排出しにくくします。

 

運動不足

運動不足により腹筋力の低下が起こると、大腸の動きも悪くなり、便秘になりやすくなります。

 

ストレス過剰

大腸の便を排出する動きは、自律神経と関係しているため、ストレスにより自律神経が乱れると、便秘を引き起こす原因となります。

 

腸内環境の悪化

悪玉菌が増え腸内環境が悪化すると、腸の働きが悪くなり便秘を引き起こします。

 

病気やその他

便秘をもたらす病気には、大腸がんや糖尿病、過敏性腸症候群など様々な病気があります。

簡単に飲めて便秘に効果的な便秘茶

私たちの体は、喉が渇く前から水分不足が起こっているようです。便秘の多くが、水分不足や食物繊維不足、腸内環境の悪化によるものと考えられています。そんなときにおすすめなのが便秘 お茶です。

 

簡単でどこでも飲める便秘茶!効き目は穏やかですが、薬と違い体に優しく水分補給や腸内改善に効果的です。
最初に試してみる価値がありそうですね。

 

便秘に効果的な便秘茶いろいろ

○プーアル茶
ビタミンなど栄養豊富で、整腸作用や血行促進効果が高いため、排便が促されます。

 

○ルイボスティー
豊富なマグネシウムによって、便が柔らかくなります。
抗酸化作用がありますので、善玉菌が増加します。

 

○ローズヒップ
水溶性食物繊維のペクチンが豊富なので、便秘改善効果が大です。ビタミンCが多く、善玉菌が増加します。

 

○玄米茶
食物繊維やフィチン酸が豊富なため、排泄を穏やかにし、便秘体質を改善します。

 

○ごぼう茶
便を柔らかくする水溶性植物繊維や、善玉菌を増加させるオリゴ糖が豊富です。

 

○オオバコ茶
ビタミンやカルシウム、食物繊維が豊富なので便秘改善効果があります。しかし、子宮収縮を起こしやすいので妊娠中は控えましょう。

 

○どくだみ茶
ノンカフェインの生薬で、腸内の毒素や老廃物を排除する効果が高いため、便秘改善に効果があります。
ただしカリウムが豊富に含まれていますので、腎臓病の人は注意しましょう。

 

便秘の改善をよりUPさせる便秘茶の飲み方

・お勧めはホットでの飲用。
腸内は温まると活動が活発になり、冷えると弱まるため、冷え性体質の人は、特にホットがお勧めです。

 

・飲む時間はお風呂上りがお勧め
基本的には、飲む時間の制限はないようです。翌朝にすっきりとした排便を感じるためには、前夜に飲むのが良いと考えられています。

 

・薄めのお茶から体を慣らしましょう
自然の植物ですが、急に濃いお茶を飲みすぎると体がついていけないこともあります。徐々に濃さや量を調節していきましょう。

簡単運動で便秘解消

便秘の原因は一つとは限りません。便秘に効果的なお茶や食べ物を取り入れながら、簡単な運動を行うと、便秘改善効果もさらに高くなるでしょう。

 

腹筋力を意識して

スムーズな排便には、ある程度の腹筋力が必要となります。

 

30秒間できるだけお腹をへこませたり、日常の歩く姿勢を常に気を付けるだけでも、腹筋力が鍛えられます。

 

椅子に浅く座り、背筋を伸ばして両足を浮かせ、バランスを取ることも腹筋力に効果的です。

 

ふくらはぎ効果

血行不良からくる便秘もあります。ふくらはぎは第二の心臓といわれ、血行不良改善に効果が高いことが分かっています。

 

ウォーキングや踏み台昇降、5分間ほどの爪先立ちなど、ふくらはぎを意識した運動を行いましょう。

 

寝そべってごろごろ運動

腸に直接刺激を与えて、便の詰まりをほぐす効果があります。

 

お風呂上りに水を飲み、うつ伏せになって1分振り子のようにゴロゴロ、1分休んでまた1分ゴロゴロを10分間繰り返します。

ストレス解消で自律神経を整え、便秘改善

自律神経の乱れは、便秘だけでなく様々な病気を併発しやすくなります。

 

ストレスのかかり具合や解消法は、個人差が大きいものです。歌を歌う、軽い運動、好きな音楽を聞く、読書、温泉など自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

便秘薬を頼る前に

便秘症状は、軽度から重度までいろいろあり、苦しさも人それぞれですよね。

 

重度で体に危険な異常が現われる場合は、便秘薬の力を借りる必要もでてきますが、人工的に排便を促すので、副作用があることも自覚していなければなりません。

 

特に妊娠の可能性のある女性は、安易な使用を避け、便秘に効果的なお茶や体操などで便秘改善を行いましょう。

 

自分なりの便秘改善対策を行っていても、症状が改善されない場合や益々症状が重くなる場合は、陰に病気が隠れていることがあります。

 

気になる場合は、病院を受診し病気による便秘でないことを確認しましょう。