我慢できない頑固な便秘で病院にいくならやっぱり便秘外来?

どうしても便秘が治らず、よりひどくなっている場合には便秘を治療する為に便秘外来を受診するという方法もあります。便秘にも専門のお医者さんがいて、自分に1番合う直し方を見つけてくれます。そもそも便秘外来とは、便秘が慢性になってしまっている人対象のお医者さんです。このような重度の便秘をずっと放置してしまうと、大腸がんなどの深刻な病気になる可能性もあります。最近は女性中心にこの便秘外来に通う人が非常に多くなっています。ここで行われる診察内容としては、まず問診を行います。便秘はいつからなのか、おなかの張りの状態、便の状態、食生活、腹痛の有無や状況等について聞かれます。ありのままの状況をそのままお話ししましょう。続いて、触診や聴診を行います。目視で腹部の状態を確認したり、聴診器によって腸の活動状態を確認します。その後、血液検査や腹部のX線検査を行います。ここでは全身の状態をチェックしたり、腸内の便やガスのたまり具合を確認します。また、重度の場合は大腸内視鏡検査も行います。これは、大腸がんにかかっていないかを調べる検査です。これらの調査を経て、指導を受けます。大概の場合は食生活の改善、生活環境の改善、運動、薬の使用方法を変える、等を提案されます。食生活は肉類やファーストフードは控え、発酵食品や海藻類の摂取を増やしたり、水分をきちんととるようにします。また、生活面では夜更かしをせず規則正しい生活をします。朝、必ずトイレにまず行くという習慣もつけます。また、運動はウォーキングや体操などの軽いものから始め、基礎代謝をあげます。腹筋がないことでうまくいきめず、便秘になっている人も多いので腹筋を鍛えることも効果的です。また、下剤はなるべく使わず、どうしても出ない時だけ使うことも指導されます。慢性便秘をそのままずっと放置しておくと、たかが便秘といっても重大な病気に繋がりかねませんので注意が必要です。