妊婦の便秘解消法

妊婦が便秘になる原因は、まず妊娠するとホルモンバランスが大きく崩れることがあげられます。妊娠中は女性ホルモンの一つである黄体ホルモンがたくさん分泌されるため、腸の運動機能を低下させてしまうためです。
そして子宮で赤ちゃんが大きくなるにつれて、腸を圧迫してしまうことも便秘の原因の一つです。腸が圧迫されるということは、腸管が圧迫されて便が詰まってしまうということです。
その他にも便秘になる原因として水分不足やストレスといったことも挙げられます。
私たちは食事の中からからもたくさんの水分を摂取していますが、つわりの時期などは思うように飲食が出来ず水分が不足してしまいます。また、水分をたくさん摂ってしまっても体がむくみやすくなってしまうので、摂りすぎもよくありません。なので少しでも食べられるものから水分を摂るように心かけることが重要となってきます。そしてストレスですが、腸は自律神経と深い関わりがあります。妊娠中は色々ストレスが溜まりやすい時期ですが、ストレスを感じると自律神経が乱れて腸の動きが悪くなります。逆にリラックスしていると副交感神経が活発になり、腸の動きもよくなります。なのでリラックスできる時間を作ることが大事ですし、ストレスが溜まったらうまく発散させる方法を見つけて実践することが便秘解消法につながります。
妊婦の便秘解消法として、ホルモンバランスが乱れることやストレスが溜まりやすい状態であることから、できるだけりラックスすることが重要ですが、他にも妊婦に限らず食物繊維の多い食事を摂ることも便秘解消法の一つです。また適度な運動や睡眠、毎朝トイレに座る習慣をつける、朝の目覚めに腸を動かすための水をコップ一杯飲む、乳酸菌を摂るといったことも便秘解消法としてあげられます。
便秘がひどくなると、痔になったりお腹が張りやすくなってしまいます。あまりにひどい便秘の場合は我慢したりせずに医師に相談することも重要です。